静岡で不要になったオーディオの買取を希望している方に向けたお役立ち情報

Posted on

静岡県で使わなくなったオーディオの買取を希望、または検討している方の中には、古くなったオーディオでも、思い入れがあって捨てられない、どう処分するのか方法がわからない、リサイクルショップや買取専門業者を調べてみてもどこに持っていくのが一番いいのか決められない…そのようなお悩みを持った方は少なくないでしょう。

そのお悩みに少しでも役立つ情報を伝えられればと思います。

オーディオの買取専門店を選ぶ際に重視したいポイントとは

オーディオは家電の中でも嗜好品であるため、なかなか処分しにくい

オーディオ機器は、一般向けの小型ステレオからマニア向けの高級機器までその種類は多種多様です。一般向けの既製品であれば、そのままリサイクルショップに持っていって買取してもらおうと思えるものですが、少しこだわって上位機種を購入した場合などは愛着があってなかなか手放すのが惜しく感じられるものです。

また、電化製品専門のリサイクルショップなどに行っても、中古のオーディオ機器がそこそこの値段で売られていたりするため、自分のオーディオにどれくらいの価値があるのか気になってしまう方もいるでしょう。例えば、電子レンジや冷蔵庫など他の家電と比べてみても、オーディオは生活必需品として使われる場合もあれば趣味の良い嗜好品として愛好されることもあります。

そのため、処分を考える際には微妙な心情を持ってしまうのです。

メーカーや型番、年式などスペックを調べてみる

まずメーカーについてはすぐにわかることがほとんどだと思います。しかし、保証書などをずっと保管していない場合、何年製かを判断するのが難しい場合が少なくありません。オーディオ機器の背面に「〇〇年製」と記載されていることもありますが、そうでない場合はいつ頃に購入したものかよく思い出してみましょう。

この時、その機種のグレードや買った当時の価格など、できるだけ正確に思い出すことが必要です。同じメーカーのものでも上位機種であれば値段も高くなりますので、おおよそでもどれくらいのスペックのオーディオなのか確認できると良いでしょう。

今はインターネットでも調べることができるので、メーカーや型番を検索してみるとどの年代の機種なのかがわかることもあります。ただし、同じアイテムがネットオークションや中古品販売サイトで売っていても、価格は参考程度にしておきましょう。

オーディオ本体とスピーカーを別々でそろえた場合はそれぞれのスペックを調べる

プリアンプであるオーディオ本体とは別に、スピーカーだけ買い替えたという例も少なくないでしょう。その場合、オーディオの本体部分とスピーカーの両方のスペックを確認してください。スピーカーだけでも価値があるものもありますので、例えばスピーカーは残しておいて、オーディオ本体部分だけを買い取ってもらう、という方法もあります。

ちなみに、その逆も可能です。また、サブウーハーなど低音増幅のための専用スピーカーを買い揃えた場合なども、それぞれがどれくらいのスペックのものなのか、購入時期や購入価格などよく思い出して確認してみましょう。

どのパーツを残しておくか、買い取ってもらうかを判断する

すべてのオーディオ機器のスペックが可能な限り判明したら、今度はどのパーツを残しておくか、どのパーツを買い取ってもらうかを考えましょう。オーディオにこだわりがある方ほど個々のパーツをばらばらに揃えている場合もあります。

すべて一気に買取に出してしまうのは、なかなか踏ん切りがつかないかもしれませんが、「このパーツは残しておく」「この部分は次に新しく購入する予定があるので今回は買取に出す」という風に考えていくと決心がつくものです。

また、そのことが今現在のオーディオシステムの刷新にもつながるので、前向きに考えてみましょう。

ケーブル部分などは残しておく

オーディオ本体とスピーカーを繋ぐケーブルもオーディオシステムを組む際の重要なポイントです。とは言え、使用済みのケーブルは、元がどれだけ良いものでも高く買い取られる例はあまり聞きません。ですので、自分で後付けしたケーブルなどは自分の手元に残しておきましょう。

セットで購入したオーディオシステムは揃っていた方が良い

今までは各パーツにそれぞれ分けて説明しましたが、セットで購入したオーディオシステムについてはそのままセットの方が価値が高く、買取価格も当然高くなります。特に高価なオーディオシステムを購入した場合は、特定部分を残したり買取に出したりするよりも、一式セットとして継続使用、あるいは買取依頼を考えた方が良いでしょう。

買取業者を探すときはまずオーディオ専門買取業者を調べてみる

街中のリサイクルショップなどにはオーディオ専門の査定ができないため、一般的な買取の市場価格や査定データを参考にして買取価格を決定します。ただ、オーディオ専門の買取業者の場合、保存状態や使用年数など、様々な角度から査定してくれるでしょう。

また、中古オーディオ専門店にはオーディオ好きの人が購入にやってきます。そのため、オーディオ専門店などに買取を依頼することは「自分の大切にしていたオーディオが次の人の手に渡った後でも大切に使用される」という安心感につながります。

さらに、買取業者に任せる場合、無料出張でその場で査定・買い取りをしてくれる業者も多いので、出張買取が可能かどうかも合わせて検討してみましょう。

一般的には高価なオーディオや人気の型番、年式の新しいオーディオほど買取業者も出張買取に気軽に応じてくれます。

自分で車などでリサイクルショップに持っていく

近隣のリサイクルショップに買い取ってもらう場合、無料出張を行ってくれることもありますが、リサイクルショップなどは少人数の人員で営業しているお店が多いため、お店側の出張予定日と都合が合わないというケースもあります。

そのため、都合のいい日に自分で店舗に持ち込むのも一つの方法です。その時はなるべく買い取ってもらう機器を掃除して綺麗にしておきましょう。その方が先方も買取や査定をスムーズに行えますし、あまりに機器が汚いままだと本来の価値よりも低く査定されてしまうこともあります。

今は電話、Web、様々な方法で出張買取依頼に応じてくれる業者が多い

オーディオ機器というと机の上にのる小型のステレオから、部屋の一角を占領するほどの大きなオーディオセットまであるので、買取や運搬も大変なイメージがあります。しかし、買取業者は査定や運搬に慣れていますので、心配はいりません。

また、買取・査定というと、普段なかなか馴染みがないため神経質になってしまうものですが、現在は年中無休で電話やWebから依頼を受け付けている業者も少なくありません。さらに、買取エリアも県内全域に対応している業者も多いので、オーディオ買取を検討している方は一度、オーディオ買取専門業者に相談してみると良いでしょう。